フォーミュラ・ニッポン体制発表会。

2012.03.26 Monday

0
     今日は、明治神宮外苑聖徳記念絵画館前広場で、

    テスト2日目 

    2012.03.21 Wednesday

    0
       開幕前の最後のファーミュラ・ニッポンテストでしたが

      テスト1日目。

      2012.03.20 Tuesday

      0
         今日は、快晴の中フォーミュラ・ニッポンテストが行われました。

        二日間無事終了!「あゆ」ちゃんにプレゼント!!

        2012.03.06 Tuesday

        0
           2日間のフォーミュラ・ニッポンのテストを無事に終えました。

          雨の中!!とっておき画像!

          2012.03.05 Monday

          0
             今日は、予報どおりの雨!!

            フォーミュラ・ニッポン 第5戦 鈴鹿Rd 新記録達成!!

            2008.07.14 Monday

            0
              やりました!!今期5回目のポールポジションを獲得する事が出来ました!
               フォーミュラ・ニッポン史上初となる、連続ポールポジションを獲得でき、かなり嬉しいです。

               前戦では、4戦連続ポール・トゥ・ウィンが達成できなかったので、今回のレースは是が気でも、この記録に拘って戦いました。

               決勝は、今回1大会2レース制で、2レース目は、1〜8位までがリバースグリッドになるという、変わったレギュレーションでした。

               しかし、1レース目の方が、ポイントが多く獲得できるので、僕は1レース目を重視に挑みました。

               このレースは、周回数が通常より少ないので、タイヤ交換&給油が無いので戦略的には、ほとんど考えなくて良いので、スタートが重要でした。

               しかし、スタートに意識しすぎてしまい、失敗してしまいました。
               ですが、1レース目は30ラップなので、燃料の多い時にタイヤをいためないように、焦らず、2位をキープしました。
               5周目になり、ブノア選手のリヤの動きが大きくなっていたので、チャンスを見逃さず、1コーナーでオーバーテイクしてトップに上がりました。

               そのまま、1位で1レース目を制し今期、地元鈴鹿サーキットで2勝する事ができました。
               たくさんの皆さんが、灼熱の鈴鹿サーキットに応援に駆けつけて頂き、ポール・トゥ・ウィンを達成できた事が何よりも、嬉しかったです。

               2レース目もこの勢いで挑みましたが、2レース目は20周しか無く、8位からのスタートはかなりのハンディーになりました。

               1レース目で、スタート失敗したので、その反省を踏まえて2レース目は、上手くスタートを決める事が出来ました。だけど、回りもスタートを決めていたので順位を上げる事が出来ず、その後は、前のマシンのスリップストリームに着くのですが、リミッターに当たってしまい、オーバーテイクする事が出来ませんでした。

               
               正直、2レース目は、フラストレーションが溜まるレースになりました。
               ですが、1レース目と2レース目の間で時間が少なすぎて、作業する時間が無いので、この1レースと2レースを考えて、セッティングをする必要がある事も、新たな発見になりました。

               2レース目では、色々課題が残りましたが、その課題を次戦の茂木Rdや富士Rdの2レース共に、良い結果を残せるよう頑張ります。
              この2レース目は、スタートが重要なので、たくさんの選手が、かなり無理をします。
               スタート直後に、大きなアクシデントがありましたが、井出選手も無事で良かったです。
               次なる目標は、星野監督がF2時代に持つ7戦連続ポールポジションを越えられるように頑張ります。

               これからも、応援宜しくです!
               

               

              日本プロスポーツ大賞!

              2007.12.28 Friday

              0
                26日に東京都内において、「2007年度 第40回 内閣総理大臣杯 日本プロスポーツ大賞」の授賞式が行われ、フォーミュラ・ニッポン部門から功労賞として僕が選出されました。
                  これだけ有名なプロスポーツ選手たちと一緒に表彰されるということは、フォーミュラ・ニッポンが優れたスポーツとして認められており、最高峰のカテゴリーであるということを再認識しました。

                 功労賞としての受賞だったんですが、チャンピオンになることはすごいことだと改めて実感すると共に、来年もこの場に来られるように日々努力していきたいと思います。

                日本プロスポーツ大賞とは、日本のプロスポーツ界の発展・振興を目的として1968年から開催されているもので、過去の大賞受賞者には長嶋茂雄や王貞治、野茂英雄、イチローといったプロ野球選手、千代の富士や朝青龍といった大相撲力士のほか、中野浩一(自転車競技)、岡本綾子(女子ゴルフ)、辰吉丈一郎(プロボクシング)、中田英寿(Jリーグ)など、そうそうたる面々が顔を揃えています。

                 今季の大賞には、アジアナンバー1となったJリーグの浦和レッドダイヤモンズが選ばれ、他にも、殊勲賞にメジャリーグでワールドシリーズ優勝を果たした松坂大輔、最高新人賞に女子ゴルフで最年少賞金女王に輝いた上田桃子など、国内外で活躍を見せた選手たちが受賞されました。
                JUGEMテーマ:車/バイク



                記念撮影!

                2007.12.07 Friday

                0
                  JUGEMテーマ:車/バイク


                   今年、チーム&ドライバータイトル獲得の記念撮影が行われました!!いつもと違う雰囲気の工場で少しビックリでしたが・・・・!!

                  じわじわと実感が沸いてきました!

                  2007.11.22 Thursday

                  0
                    改めて、フォーミュラ・ニッポンのチャンピオンを獲得したんだと実感が沸いてきました。
                     火曜日に「ワクドキ!元気」の出演で、たくさんの祝福メッセージを頂きました。本当に有難うございます。
                     今思うと、たくさんのファンの方々が応援していただいた事が最後まで諦めずに頑張れたのだと痛感しています。
                     司会の染谷さんや下登さんにも祝福して頂き、本当に嬉しかったです。
                     今期は、モータースポーツ部門で三重県出身者が、僕を含めて3名チャンピオンを獲得できました。スーパーGT部門では、伊藤大輔選手、全日本トライアル部門では、小川友幸選手と、僕もこの仲間入りが出来て誇りに思います。

                     このブログの応援メッセージのコーナーにも、たくさんの祝福メッセージを送って頂き、有難うございました。



                    フォーミュラー・ニッポン 最終戦!念願のチャンピオン獲得!

                    2007.11.19 Monday

                    0
                      今年最後のフォーミュラー・ニッポンレース。チャンピオン争い3人の中の一人で挑んだ鈴鹿Rd!今シーズン鈴鹿Rdで2回のポールポジションを取っているので、気合いを入れてサーキット入りしました。
                       しかし、ここ数戦マシンのセッティングが上手くいっておらず、そこだけが不安要素でした。
                       金曜日のテスト走行で、走ってみればトップと1.4秒差!まさに悪夢を見るような思いでした。そこからは、差を詰める為に、チーム一丸となりセットアップに挑みました。しかし、なかなかマシンの状態が良くならず予選を終えて11位!!この時点で、チャンピオンを争う上でかなり厳しい状況になってしまいました。
                       ですが、グリットウォークの時チーム5ZIGENの木下監督を初め、たくさんのチームの方に「最後まで諦めずに走ればきっと良い事があるから頑張れ」と言われて気が引き締まりました。
                       集中しスタートを決めて3台程抜いた所で、コース外に追い出されポジションダウン!ヘアピンでまたも激しく接触してフロントウイングと右フロントサスのアライメントがずれて、ポジションも大きく落としてしまいました。
                       この時点で14位!正直もう駄目だと思ったけど、土曜日の夜に行ったファンミーティングや、ファンの方々が作ってくれた応団幕を思い出し、精一杯走りました。その結果、5位フィニッシュ!後一歩で4位のマシンを抜く事が出来なかったのですが、今シーズン5位で今年最後のレースを終えました。
                       正直この時点で、チャンピオンになれるとは僕自身思ってなかったのですが、レース後の車検でトップの小暮選手のマシンに違反が見つかり失格になったので、繰り上がりの4位になり、なんと1ポイント差でチャンピオンになる事ができました。
                       まったく想定していなかった事と、小暮選手の事を考えると複雑な心境です。
                       ここ数戦の流れからいって、PIAA中嶋レーシングのマシンと小暮選手の走りは、インパル勢にとってかなり苦しめられたシーズンだったので、チャンピオンと聞いて嬉しさもありましたが、このような形で本当に僕がチャンピオンでよいのかな?!と複雑な心境でもありました。しかし、レースを始めて10年。念願のチャンピオンを獲得できた事は、確かな事なので、これからゆっくりと喜びの実感が沸いてくると思います。
                       来年は、PIAA中嶋レーシングのマシンと小暮選手の走りに負けないマシン作りをし、まず優勝(鈴鹿)を目標に自分で納得して、この複雑な心境をバネにチャンピオンを獲得できるよう、これからも日々努力して頑張ります。
                       
                       今年1年間、スーパーGT&フォーミュラー・ニッポンを応援してくださった皆さん、本当に有難うございました。

                       来年も応援宜しくお願い致します。