久々に家に!133年経つと!!!このホイールは!ARIYAコンセプト!

2019.11.05 Tuesday

0

    長かった出張を終えて、久々に家に戻りました↓

    大事な仕事も無事に終えて、録画しておいた

     

    F1をゆっくり観たいと思います。

    さて今年、メルセデスベンツ博物館で

     

    自動車が誕生した1886年の車↓

    こんなシンプルな形↓

    自転車みたいな感じです↓

    どんどん進化して行きますが↓

     

     

    1905年に、ゴムタイヤが誕生↓

    ちょっと車らしくなってきました↓

    自動車が誕生して133年経つと、この様に!!↓

     

    内装も、近代的に!↓

    メーターパネルがiPadみたい!!↓

    僕は、アナログメーター派なんだけど、

     

    今後は、この様なメーターが支流になるのでしょうね!!

     

    このホイールは、空力を考えたホイールかな↓

    意外と格好良いかも!↓

    東京モーターショーでは、各メーカーが

     

    電気自動車の展示が多かったですが↓

     

     

     

    133年が経ち、駆動方式がエンジンから

     

    モーターになり、電気自動車がメインになりそうですが

     

    これも時代の流れでもあり、100年後は

     

    どんな車が走っているのかな!

     

    そんな事も考えさせられたモーターショーでした。

     

    僕のヒットは、やっぱりこのコンセプトカーかな〜↓

    ARIYAコンセプト↓

    電気自動車のSUV車!このリヤエンドが好きなポイントですが↓

     

    今後、発売されたら面白い4輪駆動車になりそうですね!

     

    コメント
    次生さん、長期のご出張大変お疲れ様でした。
    最初のメルセデス、本当に自転車みたいですね。
    ステアリングが逆向きに装着している様に見えますが、ドライブトレインの一部なんでしょうね。
    モーター駆動のSUV、ドライブトレインの制約が低いので、4WDには最適ですよね。
    いいアイディアだと思います。
    • by buschan
    • 2019/11/05 10:35 PM
    支流にはなりません。主流です。
    • by かつお
    • 2019/11/06 4:23 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL